人が行動をおこす時、3つのパターンがある!あなたはどれ?

博多区のインディバサロンONKATU(オンカツ)の店長坂本です、脂肪吸引後や術後のケアで日々お客様のダウンタイムの軽減のお手伝いをさせて頂いております。

さて、なにか行動をおこすとき、人には3つのパターンがあるんです。

あなたはどれがちかいですか?
考えず、直感で選んでください!

① 歩きながら考える

② 考えてから走り出す

③ 走ったあとに考える

実はこれ、ヨーロッパの3つの国の国民気質の違いを表したものなんです。


「イギリス人は歩きながら考える。フランス人は考えてから走り出す。スペイン人は走ったあとに考える・・」(調べる技術・書く技術 野村進 p32より)

つまり

1番と答えたあなたはイギリス人タイプ!

まずは少しでも動きだすという点がすごくいいですよね、でも焦らず走ったりしない。さすがイギリス人!っていう感じです。私自身こうありたいな!と思いますね。

2番と答えたあなたはフランス人タイプ!

ゆっくりしっかり考えてから、行動するタイプですね!まずはじっくり腰をすえて考える、でも決まったら走る!みたいな感じでこれも素敵ですよね、静と動でエレガントです。でも考えた結果、動かなかったという事もあるかもしれません。唯一「行動しない」という選択肢を残しているタイプですね。

3番と答えたあなたはスペイン人タイプです!

個人的にスペイン人タイプは大好きなんですけど、走ってから、さて・・・どうする?って考えるという。野村進さんの本の中では若いころはスペイン人になるくらいでちょうどいい・・・とありましたが、私もそう思いますね。

さて、この本では調べたり取材する事についてこの「ヨーロッパの3つの国の国民気質」が比喩として出されていましたが、これってあらゆる行動をおこす時にも通じますよね。

あなたが脂肪吸引をしようと思った時どうしましたか?

イギリス人タイプなら、とにかく、百聞は一見にしかずということで、まずは有名どころのカウンセリングにいってみたとか。

フランス人タイプならネットで1年くらい情報を精査して、これぞ!と思ったところにカウンセリングに行ってみたとか・・・。

スペイン人タイプなら脂肪吸引予約してから、さてここでよかったかな?とか考えるかもしれませんね(スペイン人タイプでもドクター選びはしっかりしましょう! 参考ブログ『ドクターが勧める「信頼できる脂肪吸引のドクター選び」』)

さて、

あなたがスペイン人タイプで、脂肪吸引はしたもののアフターケアについては、あまり考えてなかったな、どうしよう。内出血・浮腫が・・・という具合にいま悩んでいる最中でしたら、ONKATU(オンカツ)がお役にたてると思います!

ONKATUの施術の症例をご覧ください!
脂肪吸引後ダウンタイム インディバ施術例 お腹、背中、足

なにはともあれ、イギリス人でもフランス人でもスペイン人タイプでも、一人で悩んでいるのは辛いものです。まずはカウンセリングに気軽におこしください。

初めてのかた向けの施術クーポンをご用意しております。カウンセリングは無料でおこなっています(カウンセリングのみのご予約はできませんご了承ください)。

ご相談、ご予約はLINE@からでもお待ちしております♪

お気軽にご相談ください★

[keni-linkcard url="http://indibasalon-onkatu.com/lineat"]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください